2016年05月29日

5/29日 阿蘇の見学

・九州ツーリズム大学震災サミット第2日は、阿蘇山の地震の影響を見ました。初めに、阿蘇市的石の断層。2mほど下に落ちています。すごい落差で驚きました。写真は水田の中の道路です。


529断層.jpg


・続いて、塩井神社の枯れた湧水。「こんなに深いとは知らなかった」という声が地元の方から上がっていました。鮎返しの滝の手前の斜面は川へ崩れ落ちていました。


529鮎返しの滝.jpg



・最後に東海大近くのなくなった橋や崩落したアパートも見ました。人が亡くなった場所だけに、大変心が痛みました。


・阿蘇の自然は雄大で美しいのですが、時にこういう恐ろしいこともあります。人間の力ではどうにもならないことを改めて感じました。この被害からは、復興するというよりは新しく地域を作っていくことが必要になる、と東北の方も新潟の方も異口同音に語っていました。今回は被災していない水俣からも、ぜひ応援します。
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 研修へ行った

2016年05月28日

5/28土 九州ツーリズム大学 震災サミット

・小国の木魂館で開催される「第2回 九州ツーリズム大学震災サミット」に参加するため、8時45分に出発。津奈木まで伸びた高速道路に乗り、御船インター〜第2高校〜空港インター〜大津〜旭志〜上津江というルートで、午後1時に坂本善三美術館に到着しました。ちょっと見学して、木魂館へ。


・行きはこれくらいの燃費でした。

529燃費計.jpg








・震災サミットは3時から開会。簡単な自己紹介がなかなかに内容があって、ある酪農家は「地震で乳を集めるパイプが壊れ、さらに飼料米の契約していた30haのうち半分が作付け不能で、秋以降餌が不足するので頭が痛い」ということでした。パイプ破損くらいは想像ができましたが、地割れや水路破損で餌が不足するところまでは想像が至りませんでした。


・話の内容は、各地の避難所の運営に当たった方々の話と、新潟で仮設住宅、復興住宅や地域づくりに関わった方のお話。大変参考になりました。


・夜まで情報交換は続きました。写真は、その中で見学した薪ボイラー。木の駅になって、近所から集めた薪で温泉で使うお湯を沸かしていました。


528薪ボイラー.jpg
posted by 沢畑 亨 at 15:19| 研修へ行った

2016年05月24日

5/24火 葉の中で成長する虫

・棚田のあかりの片付けは続きます。

・その途中、道端のツワの葉を見ると、虫が食っていました。それも、成長に伴って、食い痕の幅がだんだんと大きくなっています。詳しい友人によると、ハモグリバエではないかということでした。

・ツワに限らず、この食い痕はよく見かけます。農業の現場では嫌われている虫でしょう。


524つわの葉の虫痕.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 田舎暮らし