2016年07月31日

7/31日 研修の余韻と梅干しつくり

・昨夜は、参加者の半分が泊まったので、朝は皆で食事を作りました。仲良くなったグループなので、30分で充分においしいものができます。
・村田が植えたニガゴリを収穫して炒めました。庭から摘んできた野菜もあって、なかなかリッチな食卓です。
・京都組を大口バスセンターへお送りするついでに、愛林館の水源の森、大学山をご案内しました。日本人3人とタンザニア人1人ですが、みんな英語がわかるので、英語でご説明です。
・廃線が好きな西川さんは、布計と山野の駅跡、トンネル跡などがすごく嬉しそうでした。
731森の見学.jpg

・愛林館に戻ると、梅干しがほぼ乾いていました。かんかん照りで3日干せばちょうど良いくらいです。
731干し終わり.jpg
・乾いた梅は、紫蘇と合わせて漬け込みます。今月後半には完成する予定です。

posted by 沢畑 亨 at 00:00| 田舎暮らし

2016年07月30日

7/30土 棚田食育士養成講座「棚田とピザ」

・道路が混むと大変なので、早朝に山鹿を出て、一旦帰宅。9時に新水俣駅に参加者の皆さんをお迎えに行きました。
・京都からはみなまた環境大学にも来てくれた西川さんが、旧友の平賀さんを連れて来てくれました。
・9時半から予定通りに開会。まずは棚田を歩いて、水の流れなどを学びます。
730棚田見学.jpg

・午後は、座学と発表です。発表は「私の食歴〜印象に残る三つの食べ物〜」を2分で発表。これでぐんと皆の距離が近づきます。
・発表は緊張しますが、実は会話はすべて人前で自分の考えを発表する行為ですから、短時間で自分の考えをわかりすく語ることはとっても重要なのです。
730発表.jpg

・夕方から、ピザ作りです。まずは、耐火煉瓦を積んでピザ窯を作り、増田君が育てた小麦の粉でピザ生地を捏ね、発酵させ、伸ばします。
・私は、その間、外で火を1時間半焚き続けます。実は、この時間は楽しいのです。ビールを飲みながらなら最高なのですが、研修中なので我慢しました。燃料は棚田のあかりのたいまつを作った残りの切れ端で、このところ晴れているのでよく燃えました。
730ピザ.jpg
730ピザがおいしい.jpg

・デザートは千葉さん得意のきらきらゼリー。スイカが容器になっていて、中身はフルーツが何種類か入っているゼリーです。
・最後に認定証を進呈しました。紀子さんは、長年かけて4回目の参加で、上級棚田食育士になりました。
730上級棚田食育士.jpg

730ピザ窯と記念撮影.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 研修を迎えた

2016年07月29日

7/29金 地域づくり団体研修交流大会の準備会議で山鹿へ

・梅雨が明けて、雨が降りません。大豆の種からも、あまり芽が出ていなくてがっかりです。移植した部分は、梅雨時だったので問題ありません。
729少し芽が出た.jpg

729苗は順調.jpg

・11時に愛林館を出て、山鹿へ。地域づくり団体研修交流大会の準備会議です。今日は、実際に会場となる八千代座と、交流会会場の天聴酒蔵を見ました。
・終わった後、皆で一杯。11/11〜13の全国大会まで、頑張ります。
729八千代座.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 環境を語った