2017年02月28日

2/28火 九大の研修団と鍋を囲む

・夕方から来る九大の研修団を迎える準備を、久々に一人で担当しました。

・先日いただいた猪肉があるので、半解凍したものを厚めにスライスして、フライパンで焦がして、ちょっと煮て柔らかくしました。このスープとナンプラーで土台を作り、一つは味噌味(もちろん、自家製の味噌)、一つは豆乳(こちらはさぼって出来合いの豆乳を買ってきました)の鍋です。

・友人の作を直売所で見かけたので、出始めのサラダ玉ねぎも買いました。

228鍋の準備.jpg


・夕方に到着した研修団は、昔で言うなら林学科と林産学科(今は違う名前になっています)の3年生5人(男性)。引率の教員は二人です。森と棚田をご案内し、クレソンを摘んで鍋の材料を調達しました。

228九大研修団.jpg
・サラ玉は到着寸前にスライスして放置。甘夏を搾った汁と醤油でポン酢を作って食べました。なかなか好評でした。

posted by 沢畑 亨 at 00:00| 研修を迎えた

2017年02月19日

2/19日 カナダ先住民族の話を聞く

・熊本学園大主催の勉強会で、有機水銀中毒になったカナダ先住民族の方のお話を聞いた。製紙工場が川というか湖に有機水銀の入った工場排水を捨てて、先住民族は魚や鳥や動物を食べて中毒になるという、水俣と似た構造の汚染です。

・カナダ政府の対応もきちんとしているようには思えず、先住民族に対する差別(表だってはないのですが)も含まれているように思えました。

・中毒発生以前の暮らしは、魚や鳥や動物を取り、ワイルドライス(稲とは違う植物で、米のような実がなる)を集めて、自然生態系の一部でした。現在は、アルコール依存症の人が多くて、何とかしたいというお話もありました。

・釣り客を案内する観光産業が盛んだったけど、汚染でなくなり、今はほそぼそと営業中ということです。魚の水銀は1ppmくらいですから、マグロと変わらない程度。お客さんにはそういう説明をして、自分の判断で食べるかどうかを決めてもらっているということでした。「工場排水で川を汚染した」という認識だったので、何でいつまでも水銀が残っているのかな、と疑問でしたが、湖(川で少しつながってはいる)を汚染したということが写真を見てわかりました。

・今回のお話は英語で、懇親会では私も直接お話をしました。お互いに外国の言葉でしか話ができないのは、嬉しくはないのですが、便利でもありますね。
219カナダより.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 研修を迎えた

2017年02月16日

2/16木 環境審議会→ちゃんぽん→五木

・休日出勤で、まずは環境審議会に出ました。ごみ収集基本計画を改訂することについて、環境クリーンセンターから諮問があったものです。内容はもっともなので、認めました。

・お昼は久しぶりに、丸島港の鶴岡食道へ。食べているところを写真に撮ってもらいました。麺も野菜も1.5倍の中盛り(どちらも2倍が大盛り)です。お腹いっぱいです。

216鶴岡食道.jpg

・それから、五木村へ移動しました。夜、「交流人口を増やすには」という講演を頼まれたのです。

・五木村には川辺川ダムという計画があり、翻弄されてきたのですが、今はようやくダムなしの村づくりが始まったところです。で、五木から人吉に行く最も重要な道路に瀬目トンネルがあります。ダム建設の前提で新しく作った道路です。これが、地滑りで使い物にならなくなりました。現在は迂回路を通っています。
217五木村通行止め看板.jpg


・トンネルはこういう感じでした。写真は一昨年に撮ったものです。ひび割れから水が出て、パイプで排水していますね。できて20年で使い物にならないとは、設計者(国道ですから国土交通省)の技術が心配です。
216瀬目トンネル内部.jpg
216瀬目トンネル銘板.jpg

・五木村の民宿で早めの夕食。昼に腹一杯食べたことを後悔しました。。。

216五木民宿いちょう.jpg

・講演後は村唯一のスナックで一杯。村長さんとも一緒で、ゆっくりお話ができました。
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 環境を語った