2017年09月21日

9/21木 彼岸花

・彼岸花がだいぶ咲いてきました。春先に葉が枯れてから、球根だけで寝ているのですが、正確に9/21に満開になります。地温しか感じていないと思うのですが、すごい正確さですね。

・狭い棚田に何カ所か、彼岸花畑を作ったのですが、ここはその中の一つ。きれいになってきました。
921彼岸花畑.jpg

・山羊が近頃は彼岸花から食べるようになりました。皆さんご存じのように、彼岸花には毒(リコリンなどのアルカロイド)があり、人間には有害なのですが、山羊は分解できるのかもしれません。昔、各家に牛がいた頃、冬に餌が足りない時は彼岸花の葉を食べさせていたということですから。そして、山羊の餌は牛とほどんど同じなのです。
921彼岸花を食う山羊.jpg

posted by 沢畑 亨 at 00:00| 棚田のめぐみ

2017年09月20日

9/20水 今日も搬出

・休日出勤で今日も山仕事です。ヤマザクラの周辺は、だいぶすっきりとしてきました。これならば、かなり光が当たって花も期待できますし、遠くからも見えるかもしれません。
920除伐後の山桜.jpg

・午前中に山から林内作業車2台分を出しました。1台分がほぼ軽トラックの荷台にすりきり(と言うのか?)1杯分です。乾いた木ですから、もっと積めますが、これくらいにしておきます。
920材木を運ぶ軽トラック.jpg


・弁当を食べて、午後も出そうかと思ったのですが、雨が降ってきました。林内作業車の道は土が露出しているところも多く、雨は大敵です。坂を上れず、午後は山での仕事は諦めました。林内作業車の仕事も一区切りなので、2トン車で運びます。軽トラックで運べればいいのですが、ちょっと重くて無理なのです。
920林内作業車を運ぶ.jpg


・愛林館に木を運んで来て、4等分に切るのですが、なかなかこれが大変です。結局、乾いたまきはこれくらいでした。

920薪.jpg

・生の木もあります。早く割って乾かさねばいかんのですが。。。
920生の木.jpg


・愛林館では、中小場婦人会がジャムを作っていました。周りに収穫をしない果樹が結構あるので、有効利用しようという試みです。写真はゆずジャムです。酸が強いので、ステンレスかホーローの鍋が必要です。
920吉井ジャム作り.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 森のめぐみ

2017年09月19日

9/19火 棚田の取材+山仕事+発電機の返却

・朝、友人の荒木夫妻が棚田の取材に来ました。県内11カ所の百選入りした棚田のパンフを久しぶりに出すということで、全部回っておられます。棚田のあかりの時にも来てくれました。

・せっかくなので、絶景ポイントにご案内しました。稲刈りがそろそろ始まるかな、というタイミングです。
919荒木夫妻.jpg


・一方、平島君の森の作業は続きます。相変わらず、木を伐ったり、既に切ってある木を搬出したり。林内作業車の走る距離が結構長いので、思ったほどは作業が進みません。私も少し山へ行き、手伝いました。

・林内作業車の運転もしてみました。1本のレバーで右に行ったり左に行ったり、なかなか難しいです。
919今日も林内作業車.jpg

・午後は、借りた発電機を大津町まで返却に行きました。今回は、丸ごと農場にワイヤで固定してもらったので、少し安心です。行きはゆっくりと80km走行、帰りも休み休みで時間がかかりましたが、無事到着。発電機の出番がなかったのは何よりでした。



posted by 沢畑 亨 at 00:00| 森のめぐみ