2017年09月11日

9/11月 九州森林管理局で職員研修

・休日出勤して、熊本市へ出張です。九州森林管理局に呼んでいただき、若手の職員に対する研修をしました。久しぶりに熊本駅の在来線ホームに立ちましたが、隣のホームの工事が進んで、線路が敷かれていました。線路に入っている砂利は、線路の重さは全く負担していないのですね。
911熊本駅.jpg

・午後に50分×3時間の講義。森のめぐみを中学1年生にわかる言葉で伝えて、という、毎年恒例の課題を出したのですが、プロでもなかなか出て来ないのです。業界用語だと「水土保全」で終わりですが、水をきれいにする、蓄える、ゆっくり流す、土を作る、土砂崩れを防ぐといった内容が含まれているわけです。その辺をわかりやすく伝えて、森の重要性を訴えることが大切です。都市に生まれ育った人が多数の現代日本では、本当に丁寧に伝える必要があるのです。

・夕方は、局の皆さんと宴会。これは私から特にお願いして設けてもらった席で、普段付き合いはないけど関心事が重なっている皆さんとの話はなかなか面白かったです。
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 環境を語った