2017年10月31日

10/31火 雑誌「かがり火」の菅原編集長を囲んで

・午前中は、県北の和水町から、自治会長さんの研修団が来られました。この日もバスが大きかったので、話をした後は歩いて棚田を見に行きました。

・夕方は菅原さんが来られました。地域づくり関係者には有名な「かがり火」という雑誌があります。全国各地の、地味で役に立つ情報をしっかりと網羅した素晴らしい内容です。その編集長です。

・久しぶりにおいでになったので、関係者に声をかけて宴会を開きました。玉名からトマト農家の吉田さんが海の幸を山のように運んで来られ、芦北町からは山口さんが栽培した太秋(柿)を持って来て、楽しい宴会になりました。かがり火では、読者を支局長と呼んでいて、雑誌を買うだけでなくて情報を提供する役目もあるのですが、県内の支局長がたくさん集まりました。

・私は例によって鍋の準備です。だいぶ慣れてきました。
1031菅原氏宴会.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 田舎暮らし

2017年10月30日

10/30月 熊本県農業コンクールの審査

・休みですが、愛林館の部屋で熊本県農業コンクールの審査がありました。

・集落営農の組織「久木野まるごと農場」が水俣芦北地区代表になったのです。愛林館の場所だけ貸すつもりでしたがせっかくなので株主として参加しました。社長の吉井さん、社員の三須君(千葉県出身、愛林館を契機として水俣に住む女性と結婚して移住)と一緒に思いを語りましたが、どうなるでしょうか。

・結果発表は12/18だそうです。楽しみです。
1030農業コンクール審査.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 環境を語った

2017年10月28日

10/28土 研修団が二つ来館

・お昼に、天草市有明町須子(すじ)地区の皆さんが研修においでになりました。かなり早くから申し込みをいただいていた皆さんです。カレーを食べて、話をして、棚田を見に行きました。バスが大きかったので、歩いて棚田の端っこまで見に行きました。
1028須子地区研修団.jpg

・愛林館の玄関横に植えていたコンニャクは、かなり大きな茎ができていたので、この日に掘ってみました。
1028芋を掘る.jpg

・期待通り、かなりの大きさです。湿った状態ではありましたが、1.6kgありました。
1028芋が大きい.jpg
1028計量.jpg

・しばらく乾燥させてからこんにゃくにしてみますね。友人に聞いてみたら、花が咲いた後なので、柔らかいこんにゃくになるだろう、という話です。

・夜は、熊本大紛争解決学研究室の皆さんが来館。本当は棚田でクレソンやのびるを収穫して、それを鍋に入れるつもりでしたが、残念ながら雨でできず。。。猪や鶏や貝をいっぱい入れたぜいたく鍋にしました。
1028しし鍋(石原).jpg
1028熊大の皆さん.jpg

・今年ももう鍋の季節ですねえ。
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 研修を迎えた