2017年12月06日

12/6水 宮崎県小林市から研修団来館

・知り合いが推薦してくれて、宮崎県小林市の北きりしま田舎物語推進協議会の皆さんが研修に来られました。小林市と言えば、小林弁をずーっとしゃべっているのにフランス語に聞こえる気の利いたビデオを作ったところですね。まずはカレーの昼食の後で、座学からです。


・内容はもちろん、昔と比べて人口は減ったけど悪いことばかりではない現実を見ましょうね、ということからです。明治維新の後の人口爆発が終わり、正常化局面に入っただけの話なのですから。


・今回はヘルスツーリズムをしようという皆さんだったので、そのポイントもお話ししました。健康は食からですから、

  1:旬の物、近くの物を

  2:薄味で

  3:腹八分目

  4:よく噛んで

  5:バランスを取って

 という食生活をすればいいわけです。ツーリズムのお客さんにもこれを体験してもらうだけの話。


・皆さんが大きなバスで来られたので、森へは行けず、棚田の一端まで歩いて行きました。もちろん、小林のお話も聞くので、こちらも勉強になりました。

1206北霧島研修団.jpg





と棚田見学。

・大きいバスでおいでだったので、棚田は歩いて末端部だけの見学。写真は、協議会の方の撮影。
・夜は、水俣の商店街で開催しているまちゼミの反省会。今年始めて参加したが、愛林館のまちゼミには参加者がいなかった。。。来年は、ぜひ「水俣あかりを飲む会」として開催したい。
・会場のみなまるキッチンでは、パティシエの笹原君が料理を作っていて、大変おいしかった。隣の分野のプロはやっぱり上手だな。ほとんどが野菜で、肉はほんの僅かだが大満足。
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 研修を迎えた