2018年01月28日

1/28日 コンテナを洗ってもらって、夜は久松氏の講演へ

・午前中は、諸橋君にコンテナを洗ってもらいました。棚田のあかりの後、せっけんで洗って(バイオディーゼル油まみれですからね)、倉庫に積んでおいたのですが、やっぱりほこりで汚れますね。。。この日は冷たい雨の日で、しぶきを浴びての作業は大変だったと思います。

・でも、高圧洗浄機の登場でずいぶん短時間にはなりました。以前は、小浴場のシャワーを利用して手で洗っていたので、時間がかかったのです。
128コンテナ洗い.jpg

・諸橋君は、札幌から来た高校生あおば君を連れて来ました。茶道を世界に広めたいという夢を持っていて、なかなか面白い青年でした。午後も米の袋詰めなど、準備は続きました。

・夕方は津奈木町で、久松達央氏の講演会へ。その前に、達仏を見に行きました。諸橋君もあおば君も初めて見るわけですが、昼間よりも夜に懐中電灯の光で見る方が面白いです。皆さんもぜひ夜に行きましょう。(写真はあおば君のフェイスブックより引用)
128夜の達仏.jpg


・久松氏は新規就農の有機農家で、露地の野菜栽培で130品目を精算するというすごい方です。お話は大変面白かったです。
128久松氏.jpg

・この日の演題は「小さくて強い農業をめざす」。小さいことの利点は個性が出しやすいことです。久松氏の場合は、すごい種類の野菜を個人と飲食店へ届けているのが最大の個性でした。強いことはしなやかなことです。弱みは捨てて、得意な分野に偏って経営をしていました。

128久松氏講演.jpg

・また、商品作りは、最高か最安か最愛のものを目指す必要があるので、久松氏の場合は当然最愛のものを狙っています。その場合、頼りは口コミだけだ、と言い切っておられたのが印象的でした。

・「先駆ける」「のらりくらり」「人と組む」で新規就農から20年をちゃんと経営して来られたのは、大変にすごいなと思いました。
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 研修へ行った

2018年01月24日

1/24水 ウスタビガの繭を発見

・朝は地元の久木野小学校の3・4年生(人数が少ないので、2学年で1クラスになっています)がしし鍋マラソンについての聞き取りに来ました。

・しし鍋マラソンを始めた時には私はまだいなかったので、詳細は知りませんが、国鉄山野線の跡地が順次「日本一長い運動場」として整備されて、久木野から仁王木までの3kmが開通したのを記念して、当時の市役所の農林課長さんが発案したと聞いています。第1回は94年2月でした。

・94年7月に愛林館の建物が完成し、11月に私が来たのですが、さすがに95年2月にマラソン大会を開く実力はありませんでした。第2回を96年2月に開催し、以後は毎年開催して今年が24回ということになります。

・さて、山羊の世話は毎日していますが、近くに紅白の梅の木があります。紅梅の木を見ると、つぼみがだいぶ膨らんでいました。葉のない梅の枝に緑のモノがついているので、なんだろうと思って見てみると、蛾の繭です。
124ウスタビガ.jpg

・後で調べてみると、ウスタビガの繭ですが、さなぎはもう羽化して、空いた繭に卵を産み付けて冬を越すのだそうです。なかなか面白い生活史です。
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 田舎暮らし

2018年01月21日

1/21日 鹿児島女子短大より研修

・鹿児島女子短大のM准教授率いる学生研修団が来ました。短大の2年生なので、もうすぐ卒業です。

・午前中は地域づくりについての講義。少子化の定義や団塊の世代とは何かを学生に聞きましたが、少子化は正解に辿り着きました。団塊の世代はダメでした。

・講義の後は棚田を往復です。山羊を遠巻きに眺めていました。
121棚田見学.jpg

・午後はバウムクーヘン体験。なかなか綺麗に焼けました。
121バウムクーヘン.jpg

・帰り道、せっかくなので絶景ポイントにもご案内。暖かくて空気も澄んで、良い景色でした。
121絶景.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 研修を迎えた