2017年08月30日

8/30水 高知→道の駅四万十とおわ→水荷浦の段畑へ

・今回の旅は、上勝の勉強会の後は旅行と言えば旅行なのですが、私の旅行は研修だか何だかわからなくなってくるのが特徴です。沢田マンションは純粋に個人的な興味で訪ねましたが、都市部における地域共同体の形成を誘発する集合住宅はすごいものです。
建設に携わった奥様とも少しだけ話をしましたが、本を読んでからにすれば良かった、と後悔しました。。。
830マンション外観.jpg
830沢田マンションの本.jpg
830沢田さん.jpg

・5階と6階はマンションの所有者である沢田さん一家のお住まいで、見学しても良いということでちょっと見てみました。屋上には大量の土が乗っていて、かなりの断熱効果がありそうです。豚もいました。
830屋上の畑.jpg

・沢田マンションを出て、今度は四万十川上流の、道の駅四万十とおわを目指します。今回もカーナビが頼りですが、高速道路の情報が古くて、途中で降りてしまったのは失敗でした。やっぱり地図で全体を頭に入れないといけません。。。

・四万十川は山の中を蛇行しているので、私の通ったルートは川沿いに川を下っていきながら、山の中へ分け入っていく、という変な感じでした。途中で、海洋堂の博物館もありました。人形に興味はないのですが、建物だけは見に来てみました。

・道の駅四万十とおわでは、昼食にバイキングを食べました。猪肉の煮付けがなかなか美味しかったです。皆さん、おいしい部分を知らないと見えて、皮がいっぱい残っていたのはラッキー。

・ここでは香り米を商品化しています。今回はそれを見たかったのです。お米そのものはちょっと安くして販売中。他にポンせんべい、揚げせんべい、酒などがありました。もちろん全部買いました。

830十和錦.jpg

・道の駅の刈谷さんに連れて行ってもらって、香り米「十和錦」の発見者である上山ちどりさん宅を訪ねました。昭和32、3年頃に、黄金錦の田で、穂の分だけ背の高い突然変異を見つけて、育ててみたら良い香りで美味しかった、ということでした。久木野の香り米は昔から伝わっているのですが、こちらは発見者がはっきりしていて、面白い歴史でした。

・ちどりさんのお宅の上もしたも、急傾斜地に石垣を積んだ畑です。すごいです。
830上山ちどりさん.jpg
830上山さんの畑.jpg

・帰りに十和錦の棚田も見ました。よく見ると、のげがあったりなかったりして、一つの品種ではないことがわかります。その辺は、こちらの香り米と同じです。
830十和錦の穂.jpg

・さて、ここからの帰りですが、20時までに高松でレンタカーを返さないといかんという話でしたが、明日の朝8時でも料金は変わらないということで、もう1カ所、宇和島市の水荷浦の石垣の畑を見ることにしました。

・写真では見たことがあったけど、実物はもう圧倒的な石垣です。段々になっていても、上から見ると恐怖を覚えるくらいの傾斜です。今の時期はごく一部に唐芋が植わっていただけで、じゃがいもが主産物だそうです。
830圧倒的な石垣.jpg

830本当に狭い農地.jpg
830小さい石.jpg
830海のすぐ隣.jpg
830梯子で上り下り.jpg

・この斜面(東向き)の裏側に回ってみると、夕日がきれいでしたが、残念ながら耕作を断念した畑もありました。
830耕作断念地.jpg

・沈む夕日を見届けてから、あとは一路高松へ。かなり疲れましたが、23時に到着。全国大会の時に行ったうどん屋でカレーうどんを食べました。

posted by 沢畑 亨 at 00:00| 日記