2017年09月30日

9/30土 ESDについてのシンポ

・水俣環境アカデミアで開催された、ESDについてのシンポに参加しました。基調講演はドイツ大使館職員の大石式部さんで、ドイツの環境政策についてでした。国内に多数ある原発も期限を切って全廃に向かっているところです。その分は風力、太陽光、バイオマスなどで補っていくという中期的方針がうまく行っているようです。

・それにしても、ESD(Education for Sustainable Development、持続可能な開発のための教育)とか、SDG’s(Sustainable Development Goals、持続可能な開発のための目標)とか、考え方には大いに賛同しますが、もう少し砕けた日本語に訳さないと定着するはずがありません。残念ながら、私も考えつかないのですが、ESDは未来学習とか、SDG’sは未来目標くらいな候補を挙げておきますね。
930アカデミアのシンポ.jpg

・シンポの後は懇親会で、大石さんを翌日棚田などをご案内して、鹿児島空港までお送りすることにしました。車の中でちょっと話を聞いてみたかったのです。

・10/1の朝は、パネリストの澤君(父上との付き合いが長いので、高校時代から知っているのです)が大石さんを愛林館まで連れて来てくれて、一緒に棚田をご案内し、愛林館の水源の森をご案内して、布計経由で鹿児島空港まで行きました。

・映画「帰ってきたヒトラー」の話とか、CDUとSPDの大連立の今後とか、いろいろと興味のあることを聞けました。ドイツ生まれドイツ育ちで、家庭内もほとんどドイツ語だったにしては日本語が大変お上手でびっくりです。
1001大石氏ご案内.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 日記