2017年10月18日

10/18水 味噌作りを始めました

・愛林館での味噌作りを、この秋も今日から始めました。前日に洗った米をざるに上げて、蒸して、麹の菌をまぶして、室(むろ、と言っても、ヒーターとファンが付いて温度管理をしてくれる機械)に入れて寝せます。

・一度に蒸す米は24kg+麦8kg。これに菌をまぶしているところです。麹というのはカビの生えた米と麦のことなのです。ほとんどのカビは有毒ですが、そうでないカビをちゃんと発見したのですね。その間、何人の命が失われたのか、想像もできません。
1018麹を寝せる.jpg

・ところで、近所の棚田は雨で稲刈りが遅れていますが、この棚田のどこに水の取り入れ口があるかが一目でわかりますね。左の奥だけ、稲が緑になっているのは、冷たい水が入ってきて生育が悪いからなのです。ちょっと遠回りして水を入れて、太陽熱を利用することもありますが、なかなか大変です。
1018田の中の色違い.jpg

・午後から福岡市へ移動し、ふくおか森づくりネットワーク主催の勉強会に参加しました。大学の後輩の柴崎君(国立歴史民俗博物館教授)が作った屋久島の林業集落の聞き取りについての映画を見て、作成の裏話などを聞きました。

・私はそうした集落に行ったこともないのですが、かつてそこに暮らしていた皆さんは当然脳裏に鮮やかに記憶されています。そうした方々が元気でいるうちに、現場へ行って撮った映像は大変貴重な記録だと思いました。

・終わってからはもちろん打ち上げ。柴崎君や、小森君、志賀君といった皆さんと久しぶりに飲んで、福岡に泊まりたかったけど、ホテルが取れずに久留米で泊まりました。
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 田舎暮らし