2018年02月07日

2/7水 慶應大の研修団来館

・慶應大の環境情報学部の皆さんが来ました。研修ではなくて、今後の獣害対策を一緒にやるための下見です。

・前から、寺床の上の赤松地区の棚田で鹿や猪を捕ろうとしていたのですが、まだ果たせません。無人カメラで猪がしっかり檻の中の餌を食べているのは確認していたのですが、それをリアルタイムで観察して、遠隔操作で罠の扉を落とせないか、という実験です。

・ここは携帯の入らない場所なので、研究としては面白いということでした。このところの雪で、結構白くなっていて、前日夕方の下見ではこんな風でした。
206雪の赤松.jpg

・この日は少し雪も融けましたが、近くで車を置いて、歩いて上がりました。

207慶應研修団.jpg

・棚田と寒川水源もご案内しましたが、寒川では初めて見るつららができていました。

207慶應研修団.jpg

・せっかく若者が大勢来たので、午後はしし鍋マラソンの参加賞作りを手伝ってもらいました。やっぱりこういう作業は人手が多いと進みます。ボランティアで来ていたみつば薬局の永里君、協力隊の皆越さんも交えて、大人数でどんどん進みました。中木場の国春さんも草刈りボランティアに来てくれて、大変助かりました。

207慶應の加勢.jpg

・慶應大の植原准教授が作業の後に「こういう作業をやってみると、よそでもらったモノが少し足りなかったりしても、あんまり木は言えないなあ」と言っていたのが印象的です。当事者性を感じる機会は大切ですね。

・慶應大の皆さんが3時過ぎに帰った後は、3人で作業です。火が消えたような感じでしたが、頑張って参加賞557人分を作り終えました。ちなみに、大人の参加賞には愛林館自家製味噌、Tシャツ、タオル(熊日新聞からいただきました)、使い捨てカイロ、しし鍋引換券、パンフレット、子供はクッキー、タオル、カイロ、引換券、パンフレットです。
207参加賞作り.jpg

posted by 沢畑 亨 at 00:00| 日記