2018年02月27日

2/27火 産山村へ

・熊本県の北方、阿蘇郡産山村に呼んでいただき、講演をしました。昭和61年に、村の振興計画を作る仕事に関わったことがあるので、それ以来32年ぶりのゆっくりとした滞在になります。

・当時、ドッパーという会社がリゾート開発を行い、それが頓挫して大騒ぎが一段落したところでした。その建物はまだ残っているので、訪ねてみました。分譲マンションなので、建物の所有者は数多く、どうにもならないということです。土地は村と集落の共有地にまたがっていて、帰ってきたそうです。

・ガラスは割れてボロボロですが、建物そのものは地震(熊本地震の2回が終わった後で、産山村を震源とする震度6の地震があった)に耐えてしっかりしていました。
IMG_1245.jpg

・続いて大蘇ダムへ。農業用水を確保するという名目で作ったけど、阿蘇山麓の土壌が水をどんどん染み込ませるので水が貯まらないダムです。水を溜めるために、山の斜面全体にコンクリートを吹き付けて防水工事をしていました。水が果たして貯まるのか、先行きが心配です。
227漏水工事看板.jpg

227漏水工事中.jpg

・産山村は草原の村。阿蘇と久住の中間の村でもあって、景色は実に雄大でした。写真は久住連山です。
227草原と久住.jpg

・講演は小さい利点を活かして、地理と歴史に学んだ商品を作るしかないという話をしました。

・2泊しましたが、1泊は自家産の赤牛の焼き肉、2泊目は村の皆さんとの懇親会と大変楽しい夜でした。

・講演後に見学した樹木葬の墓地も、森づくりの一環としてすばらしい活動で、感心しました。
227樹木葬.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 環境を語った