2017年08月31日

8/31木 豊島を見て帰宅

・今回の海外旅行も今日が最終日。高松で石井さんにお会いして、船で豊島へ渡りました。大量の産業廃棄物を捨てられ、野焼きされて、香川県はしっかり監視せず、その後始末に膨大な労力とカネを要して、ようやく固形物の処理を終えたところです。

・現在は、汚れた地下水が大量にあるので、その処理を行っていました。汚した張本人は極軽い刑事罰で終わりというのもちょっと腑に落ちません。
831産廃跡地.jpg

・昔からやっている喫茶店で昼食後、バスで豊島美術館へ行きました。ここは建物と一体化した作品が一つあるだけの小さい美術館です。コンクリートのドーム屋根(真ん中に穴があいている)の下に、鏡面仕上げしたコンクリート床があって、緩い傾斜に従って水滴がゆっくりと流れる、という作品。2、3時間昼寝しながら過ごせば快適そうでした。

831豊島美術館.jpg

・美術館の隣は棚田ですが、頑張って復田を行っているようです。石垣は水俣市の袋や湯の鶴でも見かけるような感じでした。

831豊島の棚田.jpg
831豊島の石垣.jpg


・豊島から船で宇野へ渡り、電車で岡山。そこから新幹線で水俣です。充実した1週間でした。
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 研修へ行った

2017年08月29日

8/29火 上勝から高知へ

・午前中は、大西さんと意見交換。使っていない建物を活かして、カフェなどの起業を支援する動き、なかなか凄いです。

・午後は澤田さんにゆっくりとあちこち案内してもらいました。基盤整備を上手にして、景観をあまり壊さなかった樫原の棚田では、古民家の修復も進行中でした。若者が住み込んでいるということで、先が楽しみです。

・四国の山村では、独特の発酵茶の文化がありますが、今回ようやく茶の木を見ることができました。水俣にもあるような、普通の茶畑とはかなり違います。
829お茶の木.jpg

・すべての葉を取って、煮て、甕で発酵させるそうで、葉を取ってしばらくの姿なので葉があまりついていません。
829葉の少ないお茶の木.jpg

・それにしても、石垣から生えている茶の木もあって、畑とは言えませんなあ。。。
829石垣のお茶の木.jpg

・今ができたてということで、新茶を産地のお店で売ってもらいました。生産地のことだから、1袋が大きいだろうと思いましたが、まさかの1kg入り! 巨大です。6000円でした。澤田さんと半分ずつ分けました。
8291kg袋のお茶.jpg

・3時過ぎに上勝を辞し、山を越えて山を越えて高知市に向かいます。今回は大雑把な地図がなくて、カーナビ頼りというのもちょっと嫌。。。途中の道の駅で旧木頭村の産物を買い、ひたすら高知へ。

・高知で目指すは澤田マンションです。建築家ではないけど経験豊富なご夫婦が自力で建てた6階建てマンション。何回かテレビで見たので、一度行ってみたかったのですが、まさか泊まれるとは知らず、ラッキーでした。

・夜なので、どういう建物かはよくわかりませんでしたが、なかなかの威容です。
829威容.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 研修へ行った

2017年08月27日

8/27日 全国大会最終日

・全国大会は最終日です。全体会が、港のすぐ隣の建物で開催されました。

・分科会報告がほとんどです。報告者は主催者ですが、一つだけ、福島の友人が参加者の立場からの報告を行い、とても面白かったです。1泊2日の分科会の中身を詰め込み過ぎたようでしたね。我々も、グリーンツーリズムを始めた頃は、よく失敗していました。「もっとのんびりしたかった」という感想がたくさん出て来たりしました。。。

・来年度は福島県で開催。全体会は、原発事故対応の拠点になっていたJビレッジだそうで、楽しみです。
827来年度開催地挨拶.jpg

・会議が終わり、火の国未来づくりネットワークの福山副会長(建築家)の案内で栗林公園を見学しました。やはり大名がカネをかけて作った庭はすごいです。来客をもてなす掬月亭は、涼しい風が吹いていました。

・私はしばらく残って、池を行く船にも乗ってみました。暑かったけど、違う角度で見る掬月亭は良い感じでした。縁側を支える石のうち、一番左は圭化木です。
827掬月亭.jpg
827船からの掬月亭.jpg

・レンタカーを借りて、明日の上勝町訪問に向けて、適当に走って、鳴門に宿を取りました。夕食では鳴門うどんを食べましたが、こちらは細くてよく煮て柔らかいものでした。

posted by 沢畑 亨 at 00:00| 研修へ行った