2018年02月08日

2/8木 ジビエ料理も楽じゃない

・木曜は休みですが、さすがに日曜のマラソン大会を控えて休んではいられません。この日は朝から猪肉をスライスしました。

・以前はプロに頼んでスライスしてもらっていたのですが、持ち込みの肉のスライスがだんだんとできなくなって、昨年にスライサーを補助金で買って、自力で切っています。

・肉は近所の猟師さん(永田さん)が撃ったものを阿久根の処理場でさばいたものです。こちらに持って来てもらう時はバリバリの冷凍で、それを冷蔵庫で自然解凍するのですが、このところ寒くて、全く解けていませんでした。なので、協力隊の皆越さんに、強力電子レンジで10秒解凍してもらってからのスライスになりました。昨年はほどよく解けたので、私一人でできましたが、今年は私一人ではとてもできない状況だったので助かりました。

・スライス自体は機械がするので、そんなに大ごとではありません。28kgを実働4時間くらいで切りました。
208スライサー.jpg

・でも、機械の掃除が大変です。機械全体が血まみれですから、それを1滴も残らないように洗って拭かないと行けません。2人で30分かかりました。一人でやれば1時間ということです。

・スライスした肉は、軽く湯通しして冷蔵し、日曜の調理を待ちます。永田さんの肉は全然臭くないのですが、このやり方で柔らかい猪肉の入った猪汁を提供しています。
208湯通しした猪肉.jpg

・獣害が酷いので、ジビエの活用を、とよく言われますが、猟師の上手下手は確かにあって、殺し方、殺してからさばくまでの時間、さばき方といったところが味と匂いに影響します。商品化するとすれば、そこを統一する必要がありますが、まず無理です。だから、低い水準に合わせざるを得ず、利用法がカレーかハンバーグになってしまうのですね。だったら牛や豚で充分でしょう。

posted by 沢畑 亨 at 00:00| 森のめぐみ

2017年12月13日

12/13水 鹿の脚の調理に着手

・週末の「家庭料理大集合」に向けて、料理を作り始めました。昨年初頭にいただいた鹿の脚が冷凍庫にずっと眠っていたので、これを料理します。

・とりあえず冷凍庫から出して、冷凍庫臭を除去しないと行けません。その前に、どう解体すると美味しいのかがよくわからないのですが、適当に切って水で洗って、煮てみました。
1213鹿の脚.jpg

1213鹿を煮る.jpg

・煮る時は、生姜(先日の生姜シロップを絞った残り)、酒、みりんなどを適当にいれてみました。調理方法はこれから考えます。
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 森のめぐみ

2017年11月11日

11/11土 水冷式の冷蔵庫ができるかな?

・熊本高専八代キャンパスの入江教授に来てもらって、水冷式の米冷蔵庫ができないかどうかの検討をしました。

・寒川水源の水は年中14℃ですから、この温度の冷風を使って冷蔵庫ができないものかということです。原理的には簡単ですが、実際に稼働するためにはいろいろなことを幅広く考える必要があります。入江さんといろいろ考えるのは、普段使わない頭を使って大変楽しかったです。

・実際に寒川水源から水を引くと仮定して、どこをどう通すかも考えてみました。簡単に考えたけど、結構面倒でもありますね。。。

・さて、この企画に補助金がつくかどうか。楽しみです。

1111入江教授.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 森のめぐみ