2017年10月30日

10/30月 熊本県農業コンクールの審査

・休みですが、愛林館の部屋で熊本県農業コンクールの審査がありました。

・集落営農の組織「久木野まるごと農場」が水俣芦北地区代表になったのです。愛林館の場所だけ貸すつもりでしたがせっかくなので株主として参加しました。社長の吉井さん、社員の三須君(千葉県出身、愛林館を契機として水俣に住む女性と結婚して移住)と一緒に思いを語りましたが、どうなるでしょうか。

・結果発表は12/18だそうです。楽しみです。
1030農業コンクール審査.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 環境を語った

2017年10月20日

10/20金 商品の配達と講演と会議で1万歩

・熊本ロータリークラブの卓話にお招きいただきました。その前に、水俣芦北広域行政組合の友人に納豆を配達し、熊本市では春陽食堂に味噌を7kg配達しました。納豆はまだしも、味噌はなかなか重かったです。

・12時からホテルキャッスルで食事。30分から会が始まり、1時くらいから私の話になりました。訴える点はいつも同じで、森と棚田のめぐみ(公益的機能)をわかってね、応援してね、ということです。

・熊本ロータリークラブの会員は、中心市街地の有名なお店の社長や会長さんが多数おられて、一応は私も城東小(上通り・下通り・新市街が校区)卒なので、先輩も多数おられたようです。
1020ロータリー卓話.jpg

・午後は映画を見て、電車で新八代へ。球磨川・不知火海流域圏学会の理事会に久々に参加。来年度の総会を水俣でやる予定で、場所はアカデミアがいいかな、ということになりました。

・会議の後は、高平さんに新水俣駅まで車で送ってもらいました。この日の歩数計は1万歩を越えました。マチに行くと、やっぱり歩きますね。
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 環境を語った

2017年09月29日

9/29金 取材と肉きりと大豆と

・朝は大豆畑の見回りに行きました。順調に育っています。大豆も小豆も、豆の形が見えてきました。
929枝豆.jpg

929小豆のさや.jpg

・電柵のすぐ外側には、猪の掘り跡もあります。電柵が効いて助かりました。
929猪の掘り跡.jpg

・絶景ポイントは今日もきれいです。
929絶景.jpg

・昼頃、毎日新聞のN記者が取材に来ました。せっかくなので、森と棚田をご案内しました。
929毎日野呂氏取材.jpg

・夕方は、肉のスライスです。国産牛のすね肉を、厚さ15mmに切るのです。薄切りならば半解凍が切りやすいのですが、厚切りの場合は完全に融けた状態が切りやすいと前回わかりました。

・肉は16kgほどでしたが、切るのは一瞬。とは言っても30分くらいはかかります。でも、その後の機械の掃除が45分かかって大変なのです。肉や血がちょっとでも残れば、たちまち悪臭になりますからね。
929肉スライス.jpg

・なお、識別番号を調べてみると、今回はわが郷里西合志町の近くで育った牛です。ちょっと懐かしかったです。
929牛の個体識別情報.jpg

posted by 沢畑 亨 at 00:00| 環境を語った