2017年08月28日

8/28月 上勝町へ

・鳴門から上勝町へ向かいました。朝食は、通りがかりのすき家です。全国どこでも同じモノが出て来るチェーン店。ご飯だけは店内で炊くのかな。味噌汁は濃縮をお湯で薄め、サラダと漬け物は工場で作ったものを小分けして、納豆も工場製品。効率良く作られた工業化朝食で、すごく安いです。
828工業化朝食.jpg

・上勝では、最近こちらに来られたゼロウェイストアカデミーの坂野さんを訪ねました。相変わらず格好いいエコラベリングで地元のレストランと協働していました。

・昼食は新しくできたカフェがたまたま閉店なので、直売所で。

・午後は、今回私を招いてくれた大西さんとお会いして、山間部に連れて行ってくれました。今は杉山になってしまったけど、かつては石積みの棚田と家があったという一角です。熊本城の石垣も気付いた穴太衆は近江国から来たことはしっていましたが、その彼らは阿波国がもともとのルーツだそうです。写真は、江戸時代の豪商が持っていた住居の一つの石垣。人間と比べると高さがわかりますよね。

828上勝の石垣.jpg

・こちらでも鹿が多く、植えた木は囓られないような工夫をしてありました。
828植木の鹿除け.jpg

・棚田サミットでお世話になった澤田さんとも久々に再会。働くアウトドアに参加した坂本さんにも会えました。

・夜は、大西さんの事務所で勉強会。ヘルスツーリズムについてですが、グリーンツーリズムのすぐ隣の分野なので、話は同じです。強いてグリーンツーリズムとの違いを言うなら、

1:旬・近くの素材を使う

2:薄味

3:よく噛んで

4:腹八分目

5:バランスを取って

というのを前面に出すところでしょう。


・遅くまで、飲まずに話を続ける勉強会は久しぶりでした。大西さん、楽しい時間をありがとうございます。


posted by 沢畑 亨 at 00:00| 環境を語った

2017年07月16日

7/16日 高校の同窓会での基調講演

・木曜の事務作業は、この日の基調講演の資料作りでした。私は久留米大学附設高校の出身で、同窓会が年に2回、東京と福岡で開催されています。

・今年の福岡は私の学年が幹事になっていて、光栄なことに私が基調講演をすることに選ばれたのです。幹事団の中心的メンバーは2月くらいからちょくちょく集まって準備を進めていました。

・会場の西鉄グランドホテルへ行くと、大勢が受け付けに集まっていました。中心メンバーとはあちこちで顔を合わせたこともあるのですが、卒業以来初めてという再会も多く、嬉しかったです。

・さて、講演の時には座席に300人くらいいました。実際に教わった恩師がお二人と、すごく面倒をおかけした養護教諭の方には聞いていただき嬉しかったです。生物2まで取った14人の担当の恩師が体調不良ということでおられなかったのはちょっと残念でしたが。

・講演の題はちょっと凝って「都市生活者は森と棚田の夢を見るか?」にしました。元になった題はご存じですよね? 以前、栄養教諭の集まりで講演した時に「栄養教諭は森と棚田の夢を見るか?」としたら不発だったのですが、今回はまあまあ元をご存じの方がいて嬉しかったです。

・内容は、福岡・大分の豪雨と水俣の土石流(雨が降りすぎれば森は無力)、森と棚田のめぐみ、近代を乗り越える糸口としての田舎暮らし、といったところです。狙ったところで笑いも起こせたので、まずまずのできであったと思います。食べる田助手の会員になってね、とお願いをしたのですが、どれくらいの申し込みがあるか、楽しみです。

・終わってからの懇親会では、1回生(私は28回生で1980年3月卒)の大先輩が「毎年聞いている講演の中で一番良かった」と褒めて下さって、とても嬉しかったです。

・2次会、3次会と遅くまで飲んで、楽しい時間を過ごしました。

・写真は記録係の同級生高山君の作。ホンモノより良く写っているかもしれません。
716同窓会講演(高山).jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 環境を語った

2017年07月13日

7/13木 重大なプレゼン資料作り

・週末に控えた重大な発表の資料作りに着手しました。何が重大かは後日書きますね。

・発表の内容は森と棚田のめぐみについてですが、相手は福岡県民が多数なので、先日の福岡・大分(というか朝倉市・東峰村・日田市)の水害の話も含めることにしました。

・こういう机上の仕事は、体は使いませんからエアコンも使いません。代わりに、扇風機付き作業服を愛用しています。外作業は長袖でないと日に焼けますが、室内は半袖で充分。単3電池4本で連続3時間くらい動きます。下に2個見えているのが扇風機です。
713作業服.jpg


・電源は、乾電池を使い捨てると金がかかるので、充電池を使っています。充電する電気は太陽光で自作のものです。
713充電器.jpg

・これを着て、USB電源(5V直流ということです)で動く扇風機で顔を冷やすと、室温が35度あっても充分に仕事ができます。もちろん、この電気も自作です。

・部屋全体を冷やせばすごい量の電気が必要ですが、体の周囲だけを冷やせば結構何とかなるものです。電気の自作装置は100Wの太陽光パネル1枚のシステムですから、そんなに大がかりなもんではありません。家庭菜園で野菜を収穫するような感じで、とても楽しいです。
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 環境を語った