2018年02月11日

2/11日 しし鍋マラソン

・インフルエンザ(多分)で熱が出て、ひどい体調の中でしし鍋マラソンの準備は進みました。私は最低限の指示だけして、あとは皆さんがやってくれました。

・日曜も、体調は悪かったのですが、しし鍋マラソンは予定通り開催しました。土曜の準備は雨の中で寒かったのですが、当日は曇りで時折薄日が差すという天気で助かりました。

・マラソンの参加賞の一部がしし鍋で、地物の野菜(市内の直売所「おろろんこ」で買っています)、地物の猪肉、自家製味噌(主原料の米は近所の棚田米)、まるごと農場の棚田米が材料です。また、使い捨てではあるものの、サトウキビの絞りかすから作った紙の丼と熊本県産の杉割り箸(杉板の不良品を有効利用しています)を使って資源の節約にも努めています。割り箸は薪ストーブの燃料になります。

・くまモンも来てくれて、レースは無事終了しました。

・私は打ち上げにも参加できず、早々に帰宅。数日間の静養に入りました。
211くまモンも来た.jpg
posted by 沢畑 亨 at 00:00| 田舎暮らし

2018年02月08日

2/8木 ジビエ料理も楽じゃない

・木曜は休みですが、さすがに日曜のマラソン大会を控えて休んではいられません。この日は朝から猪肉をスライスしました。

・以前はプロに頼んでスライスしてもらっていたのですが、持ち込みの肉のスライスがだんだんとできなくなって、昨年にスライサーを補助金で買って、自力で切っています。

・肉は近所の猟師さん(永田さん)が撃ったものを阿久根の処理場でさばいたものです。こちらに持って来てもらう時はバリバリの冷凍で、それを冷蔵庫で自然解凍するのですが、このところ寒くて、全く解けていませんでした。なので、協力隊の皆越さんに、強力電子レンジで10秒解凍してもらってからのスライスになりました。昨年はほどよく解けたので、私一人でできましたが、今年は私一人ではとてもできない状況だったので助かりました。

・スライス自体は機械がするので、そんなに大ごとではありません。28kgを実働4時間くらいで切りました。
208スライサー.jpg

・でも、機械の掃除が大変です。機械全体が血まみれですから、それを1滴も残らないように洗って拭かないと行けません。2人で30分かかりました。一人でやれば1時間ということです。

・スライスした肉は、軽く湯通しして冷蔵し、日曜の調理を待ちます。永田さんの肉は全然臭くないのですが、このやり方で柔らかい猪肉の入った猪汁を提供しています。
208湯通しした猪肉.jpg

・獣害が酷いので、ジビエの活用を、とよく言われますが、猟師の上手下手は確かにあって、殺し方、殺してからさばくまでの時間、さばき方といったところが味と匂いに影響します。商品化するとすれば、そこを統一する必要がありますが、まず無理です。だから、低い水準に合わせざるを得ず、利用法がカレーかハンバーグになってしまうのですね。だったら牛や豚で充分でしょう。

posted by 沢畑 亨 at 00:00| 森のめぐみ

2018年02月07日

2/7水 慶應大の研修団来館

・慶應大の環境情報学部の皆さんが来ました。研修ではなくて、今後の獣害対策を一緒にやるための下見です。

・前から、寺床の上の赤松地区の棚田で鹿や猪を捕ろうとしていたのですが、まだ果たせません。無人カメラで猪がしっかり檻の中の餌を食べているのは確認していたのですが、それをリアルタイムで観察して、遠隔操作で罠の扉を落とせないか、という実験です。

・ここは携帯の入らない場所なので、研究としては面白いということでした。このところの雪で、結構白くなっていて、前日夕方の下見ではこんな風でした。
206雪の赤松.jpg

・この日は少し雪も融けましたが、近くで車を置いて、歩いて上がりました。

207慶應研修団.jpg

・棚田と寒川水源もご案内しましたが、寒川では初めて見るつららができていました。

207慶應研修団.jpg

・せっかく若者が大勢来たので、午後はしし鍋マラソンの参加賞作りを手伝ってもらいました。やっぱりこういう作業は人手が多いと進みます。ボランティアで来ていたみつば薬局の永里君、協力隊の皆越さんも交えて、大人数でどんどん進みました。中木場の国春さんも草刈りボランティアに来てくれて、大変助かりました。

207慶應の加勢.jpg

・慶應大の植原准教授が作業の後に「こういう作業をやってみると、よそでもらったモノが少し足りなかったりしても、あんまり木は言えないなあ」と言っていたのが印象的です。当事者性を感じる機会は大切ですね。

・慶應大の皆さんが3時過ぎに帰った後は、3人で作業です。火が消えたような感じでしたが、頑張って参加賞557人分を作り終えました。ちなみに、大人の参加賞には愛林館自家製味噌、Tシャツ、タオル(熊日新聞からいただきました)、使い捨てカイロ、しし鍋引換券、パンフレット、子供はクッキー、タオル、カイロ、引換券、パンフレットです。
207参加賞作り.jpg

posted by 沢畑 亨 at 00:00| 日記